豆知識一覧 室内編

室内編

カーペットが汚れている

カーペットを敷いたまま汚れを落とすには、スプレー式のカーペットクリーナーが便利です。汚れた部分に直接スプレーしてブラシやスポンジでこすります。
年に1回くらいはコンクリートの上に敷いて洗剤で水洗いするのもいいでしょう。洗ったカーペットは陰干ししてください。また、何かをこぼした時は、すぐにティッシュペーパーに吸い取り、ぬるま湯に浸したタオルで拭き、続いて台所用または住宅用洗剤で拭きます。
最後にもう一度、ぬるま湯に浸したタオルで洗剤を拭き取り、乾いたタオルで水気を取ってください。毛足の長いカーペットは、乾いてから洋服ブラシで毛並みを整えておきましょう。
たばこの火などで焼けこげた部分は、硬いブラシでこすり取ってしまいます。毛足の根もとまで焼けてしまった場合は、その部分を切り取ってハギレを埋めこみ、カーペットテープで下地につけます。ハギレがなければ、同じ色の毛糸を木工用接着剤で植毛するといいでしょう。家具の置き跡は、濡れタオルをあててアイロンをかけ、歯ブラシで毛を起こすと目立たなくなります。

フローリングのニスがはがれている

人がよく通る場所はニスがはがれやすく汚れや水がしみ込んでしまうので、2年に1回は塗りかえましょう。まずペイント薄め液を含ませた布でワックスを拭き取り、サンドペーパー(180番)を軽くかけてからハケで塗っていきます。床の全面に塗る場合はコテバケを使った方がより早くきれいに仕上がります。一度ニスを塗っておくとふだんのお手入れは水拭きでじゅうぶんです。ワックスはすべりやすく危険であると同時に継ぎ目が黒ずんでしまうので、できれば使わない方がいいでしょう。

階段がすべる

踏み板の先に、市販のすべり止めをつけましょう。必要な寸法に切り揃えて、接着面を水拭きしてから貼りつけます。切る寸法は階段の横幅いっぱいよりも数センチ短めに切った方が貼りやすく、掃除もしやすくなります。お年寄りやお子さんのいるご家庭は、階段手すりをつけておくと安心です。手すりと取りつけ金具がワンセットで市販されているので、日曜大工で簡単に取りつけられます。

クッションフロアに穴があく

カーペットと同様、穴の周囲を切り取ってハギレを埋めこみ、カーペットテープで床につけます。補修部分を切る時は、ハギレを補修部分の上に重ね、柄がぴったり合ったところでテープを貼って固定しておいて、そのまわりを切っていきます。

畳が汚れている、黄ばんでいる

ほうきで取れない汚れは、固くしぼったぞうきんで水拭き、洗剤拭きをします。また、年に1~2回は外で、ほこりを叩き出すようにしましょう。畳が黄ばんでしまったら、畳用特殊染料を塗りましょう。水で薄めてブラシで塗るだけで、青畳の色に染め上がります。水拭きしても落ちませんし、畳を傷めることもありません。たばこの焼けこげは、畳屋さんで畳おもてのハギレを分けてもらい、畳の目に合わせて貼り合わせます。接着剤は、乾燥すると透明になるものを使いましょう。

Pタイルがはがれる、欠ける

交換したいPタイルを平タガネなどではがして、下地に残っている古い接着剤を落とします。新しいPタイルは、裏紙をはがしてコーナーから接着します。接着剤がついていないPタイルは、下地タイルコンクリート用接着剤を塗ってはめこみ、はみ出した接着剤を拭き取って、5~6時間重しをのせておくと上手に貼れます。

柱と壁との間にすきまができる

壁がやせてきて柱との間にすき間ができた時は、しっくい壁なら壁用パテ、モルタル壁やコンクリート壁なら充てん剤で埋めましょう。補修部分に水分を含ませておくとパテの食いつきがよくなります。パテは白色なので壁の色に合わせて水彩絵具で着色できます。補修したあと凹凸が目立つ場合は、サンドペーパー(240~320番)をかけてください。

柱がひび割れている

木材専用のパテで埋めます。このパテは木材に合わせて色が選べるので、柱だけでなく木製家具のひび割れや傷の補修にも使えます。埋めたあと、サンドペーパー(100番)でこすって表面をきれいにします。

壁全体が汚れている

こびりついた汚れの落とし方は、壁の材質によって大きく違ってきます。プラスチックなどの化学化粧合板の汚れは住宅用洗剤で拭き取ります。
落ちにくい汚れは、洗濯用の漂白剤を2~3倍に薄めて、固くしぼったぞうきんで拭きます。この時、板やクロスの継ぎ目に漂白剤が入ると、はがれやすくなってしまいます。しっくい壁やモルタル壁は水分がしみ込むと壁がはがれやすくなりますので注意して拭きましょう。
壁ぎわのスイッチまわりの汚れは、砂消しゴムや目の細かいサンドペーパー(400番)でこすると落ちます。ごく小さい汚れなら、上から白チョークでこすれば目立たなくなります。
クロス壁のしみは、すぐに取ってしまいましょう。しみがついたらティッシュなどで押さえて水分や油分を吸い取ります。次に新しいティッシュをしみの部分にあて、台所用洗剤を固くしぼった布で上からポンポンとたたき、汚れが浮いてきたら新しいティッシュで吸い取るのを数回繰り返してください。

柱が汚れている

白木の柱の汚れや日焼けは、サンドペーパーをかまぼこ板などに巻いてこすり落とします。最初は粗目(150~240番)、次に細目(800番)のサンドペーパーで仕上げます。または白木専用の漂白洗剤を、ハケで汚れている部分に塗り、ブラシでこすって汚れを落とします。最後に白木用のニスを塗っておくと、汚れがつきにくく、その後の手入れも楽になります。

査定について

FUKUYAグループでは気軽に相談できる「無料査定サービス」を行っています。
無料査定のご依頼は最寄りの店舗までどうぞ。

店舗検索ページへ

お役立ち情報

購入の流れ
はじめて物件をご購入する方はこちらをご覧下さい。実際に購入される場合の流れをご説明いたします。
購入時の諸経費と税金
初めて物件を購入する際に不安になるのが諸経費と税金のこと。物件購入をお考えの方は必ずご確認ください。
不動産購入Q&A
初めて物件を購入する際は、不明点がいっぱいです。FUKUYAグループが物件購入の際によくある質問をまとめました。

すべて見る

売却の流れ
はじめて物件をご購入する方はこちらをご覧下さい。実際に購入される場合の流れをご説明いたします。
売却住み替えQ&A
売却・住み替えの際に、お客様からよくある質問をまとめました。ご参考にご確認ください。
売却成功のテクニック
FUKUYAグループが売却の際の成功テクニックをご紹介いたします。売却時のチェックなどにご利用ください。
売却サポートサービス
FUKUYAグループが売却時にさまざまなサポートサービスをご提供しております。一度ご確認ください。
私の住み替え体験談
売却時にお客様からさまざまな声をいただいております。その中には売却成功の秘訣もあり!
売却時の諸経費と税金
売却時にもさまざまな諸経費や税金がかかります。売却をお考えの前に一度ご確認いただき、費用をご算出ください。

すべて見る

事業用・投資用Q&A
事業・投資用物件を購入、売却の際によくご質問のある内容をまとめました。事前にご確認ください。
事業・投資の諸経費と税金
事業・投資用物件を購入、売却の際にもさまざまな諸経費や税金がかかります。事前に必ずご確認ください。

すべて見る

不動産用語集一覧
はじめての方は不動産用語はむずかしいものです。不明な用語はこちらでお調べください。
豆知識一覧
物件の細かい豆知識をご紹介いたします。水まわり編や室内・建具などの知識をご紹介いたします。

すべて見る